IPv4の固定ipアドレスでIPv6の接続サービスが利用可能に

IPv4の固定ipアドレスでIPv6の接続サービスが利用可能に

従来のIPvにおける固定ipアドレスを持っている人で、新しいIPv6でも使用したいと思っていませんか?
一部プロバイダでは、このような試みが早くも進められています。ネイティブ方式のIPv6接続サービス上で、IPv4の固定ipアドレスが利用できます。
これはIPv4 over IPv6という技術を使用することで可能になりました。このサービスを活用すれば、グローバルなIPv4アドレスが固定的に割り当てられることになります。

IPv4の固定ipアドレスが利用可能になれば、エンドツーエンドにおけるネット通信も利用ポートの制約を受けることなく可能になります。
その結果、IPv4アドレスによるアクセス制限やVPNの構築などの従来の用途も活用できます。
しかも従来のプロトコルと比較して高品質なネットワークが利用できるわけです。

従来のIPv4では問題が出てきています。
というのも現在年々インターネットトラフィックが増加しているからです。
夜にネットにアクセスしようと思ったところ、なかなか接続できない、動画視聴する際には頻繁に止まってしまってストレスを感じたことはないですか?
このような問題が起きるのは、あまりに多くの人がネットにアクセスし、大量の通信データをやり取りすることに起因しています。
IPv4の接続設備では対応しきれないのです。特に接続しにくくなるのは、夜7~10時ごろです。
しかしIPv6ではIPv4の問題を改善しています。接続設備を介さずに直接つながることで詰まりが起こりにくくなります。

現在のところ固定IPv4アドレスでIPv6もサービスの利用できるプロバイダは一部に限られます。
しかし快適性が証明されれば、ほかの業者もどんどん参入する可能性があります。
ただしIPv4 in IPv6対応ルーターでないとサービス利用できないケースもあります。現在の設備で利用可能かどうか、プロバイダの方に確認をとっておいた方がいいでしょう。